栗木健BLOG

ドラマー、パーカッショニスト、劇伴音楽製作の栗木健のブログです。

ヤラセはいけないねぇ。


犬とはいえ。
スポンサーサイト

ボディー、無し!


わかりづらいかもしれませんが丸いテーブルに乗っかってるのは、ボディーの無いギターです。
過去、スタインバーガーなどコンパクトなギターはありましたが、コレはネックだけにしよう!というコンセプトで作られたと思われ、面白いです。
良く出来てます。
ドラムでいうと、皮と骨組みだけの太鼓のロートタムかな?

立奏



写真は今回の芝居で演奏する楽器、カクテルドラムです。
ちょっと専門的な話しになりますが、上の打面は普通に叩くのですが、足元のペダルを踏むとビーター(旅の業界用語ではなく大太鼓用のマレット)が下から振り上がり、下の打面を打つ仕組みになってます。
この楽器はヤマハ製で最近のモノですが、楽器のアイディア自体はジャズが生まれた頃からあったそうです。
当時、狭いバーとかで演奏するために誕生したと思われる立奏ドラムですね。
僕は自分で楽器を作ったりもするのですが、凄い楽器を思い付いた!と思っても、大概遥か以前にすでに作られてるんですよねー。
このカクテルドラムは、何かと便利でよく登場させます。
…ありゃ、メインのドラムセットを最後に使ったのって、いつだっけf^_^;

お芝居もついに折り返し地点です。
以外昨日とほぼ同文。
京浜協同劇団第81回公演「黒と白のピエタ~種子を粉にひいてはならない~」
作 和田庸子 演出 杉本孝司
11日26日 14時~ 19時~
   27日 14時~ 19時~
   28日 14時~
12月3日 14時~ 19時~
   4日 14時~ 19時~
   5日 14時~
前売り   一般2800円
   70歳以上2000円
   18歳以下1500円
(当日は各500円増)
スペース京浜(京浜協同劇団アトリエ)
川崎市幸区古市場2-109
044-511-4951
JR鹿島田駅改札を出て左へ徒歩15分

ホンキートンク


昨日は「黒と白のピエタ~種子を粉にひいてはならない~」の初日でした。
写真は今回の演奏エリア。
第二次世界対戦前後のドイツが舞台で、バーのシーンもあってそこのピアノなので、音楽の安達元彦さんが調律師にホンキートンク(調子外れ)にしてくれと注文したそうです。
が、全然ちゃんとした調律になっててガッカリしてましたf^_^;
調律師にとってアバウトな調律にするのって、凄く難しい事なんでしょうね。
きっと、これでも頑張ってユル~い調律にしたんだと思います。
調律師なりの葛藤があったんだと思います。笑
そもそもそんな注文する事自体、変ではありますが。笑
お時間がありましたら是非、聞きに、見に来てくださーい!

以外昨日とほぼ同文。
京浜協同劇団第81回公演「黒と白のピエタ~種子を粉にひいてはならない~」
作 和田庸子 演出 杉本孝司
11日26日 14時~ 19時~
   27日 14時~ 19時~
   28日 14時~
12月3日 14時~ 19時~
   4日 14時~ 19時~
   5日 14時~
前売り   一般2800円
   70歳以上2000円
   18歳以下1500円
(当日は各500円増)
スペース京浜(京浜協同劇団アトリエ)
川崎市幸区古市場2-109
044-511-4951
JR鹿島田駅改札を出て左へ徒歩15分

左右から 前後から

いよいよ今日から、僕も舞台上で演奏する芝居が始まります。
昨日、ゲネプロでした。
音楽は、一緒に演奏もする安達元彦さんです。僕は効果音も作ってるので、出番以外は裏をグルーっと回って客席でチェックしたりとウロウロしてました。
今回はスピーカーの数や吊り位置を工夫して、音の移動を色々試してみました。
もしご来場いただけたら、是非その辺の感想も聞かせてください。
京浜協同劇団第81回公演「黒と白のピエタ~種子を粉にひいてはならない~」
作 和田庸子 演出 杉本孝司
11日26日 14時~ 19時~
   27日 14時~ 19時~
   28日 14時~
12月3日 14時~ 19時~
   4日 14時~ 19時~
   5日 14時~
前売り   一般2800円
   70歳以上2000円
   18歳以下1500円
(当日は各500円増)
スペース京浜(京浜協同劇団アトリエ)
川崎市幸区古市場2-109
044-511-4951
JR鹿島田駅改札を出て左へ徒歩15分

今期初鍋!



をしました。
1st鍋は薄味にして、鱈と白子鍋。
2nd鍋は濃味にして、豚と白子のキムチ鍋。
うーん、奉行の感が戻ってきた!笑
皆さん予定が合えば是非っ(^_^)

さて、明日から僕が舞台上で演奏するお芝居が始まりまーす。
音響効果プランもやってます。
お時間がありましたらこちらも是非っ。
あ、おかげさまでマチネはほぼ売り切れです。
京浜協同劇団第81回公演「黒と白のピエタ~種子を粉にひいてはならない~」
作 和田庸子 演出 杉本孝司
11日26日 14時~ 19時~
   27日 14時~ 19時~
   28日 14時~
12月3日 14時~ 19時~
   4日 14時~ 19時~
   5日 14時~
前売り   一般2800円
   70歳以上2000円
   18歳以下1500円
(当日は各500円増)
スペース京浜(京浜協同劇団アトリエ)
川崎市幸区古市場2-109
044-511-4951
JR鹿島田駅改札を出て左へ徒歩15分

記憶を記録

霊長類研究所が、蛇を見た事の無いこどもに蛇を見分ける実験をしたところ、ムカデやホースなどより短い時間で見分けられたそうです。
不思議ですねー。
危険な動物だどいうことが、DNAにすでに記憶されてるって事ですよね。
まあ、魚は最初から泳ぎかたを知ってる訳だし、馬は最初から歩き方を知ってる訳ですが。
でも、こどもを作る前までの親の記憶がDNAに記録される可能性もある訳ですよね。
…皆さん、迂闊な事、できませんねぇ。

この目で見つめられたら…


崎陽軒のしうまいに付いてくる醤油入れ、これを楽しみにしてたこどもとか、…泣き出しそう。笑

質より量


昨日は、横浜のとある法人の買い取り公演で「えほんをよむ」をやってきました。
いつも照明や音響や映写機とスクリーンを持ち込んで大掛かりにやるのですが、今回はこじんまりと紙芝居バージョンです。
役者も約半分の三人。
でも、僕はいつものようにたくさん楽器を使いました。
はい、実力の無さを量でカバーです。笑
逆に役者さん達は、一人で色々な声を使い分けて器用に様々な人物を演じてました。
すごいなー、見事でしたね。
一つの楽器でも、色々な音を出す人がいます。
理想ですねぇ。
でも、楽器がたくさん並んでると、お客さんの目は引きます。
終演後、色々と質問もされます。
実演してお客さんが感心してくれる顔を見ると、質より量もまんざらでもない気がしますねぇ(^_^)

ナマ首じゃ~!


昨日は新宿三丁目の道楽亭で、WAHAHA本舗の妖怪女優ヴァチスト太田ちゃんのライブでした。
道楽亭は、よく寄せをやってるちょっと不思議なバーです。
ありがたい事に、思いのほかたくさんのお客さんに来ていただけました。
ご来場いただいたかた、ありがとうございました!
相変わらずの妖怪っぷりのヴァチちゃん、今回はナマ首まで登場しました。
歌いながらやる手品は、リハでは上手くいくんだけど…次回リベンジですな。
客いじりするネタはさすがです、僕も毎回演奏しながら笑ってしまいます。
今回、WAHAHA本舗の取締役土屋雅彦さんから「完成してる これだけ面白いとは迂闊だった」と嬉しいコメントをいただきました!
おー、今後何か展開があるのか期待しちゃいますねぇ(^_^)
…何もないかもしれませんねぇf^_^;

シェー!



昨夜は久住昌之&Q-FORCEのライブでした。
Q-FORCEは久住さんの音楽の色々な形態の中のひとつで、最近活発に活動してるロックバンドです。
ギターの多香志さんが残念ながら今回不参加でしたが、なかなか熱いサウンドになってます!
が、今回も共演してくれたMika&Yokoのセクシーダンスに持って行かれました。
お客さんの視線はもちろんですが、僕達も…f^_^;
フロントに立ってる久住さんだけが見る事ができなくて可愛そうでしたね。笑
一枚目の写真は、最初に弾き語りで出演したトスポや一人ごっつの師匠の倉本美津留さんから戴いたジュース。
倉本さん、歌も曲も良かったです、多才ですねぇ。
MCがやはりあの声だったので、可笑しかったです。
二枚目は、ライブ最後の和久井光司さんバンドを中心としたセッションをジャックしたIMO!
奴らはさすが来年武道館(前座)を目指してるだけあって気合いが入ってます。

さて20日今夜は、WAHAHA本舗の妖怪女優、ヴァチスト太田ちゃんとライブです。
お時間があるかた是非見に来てくださーい!
《道楽亭寄席》
ヴァチスト太田(ワハハ本舗)の漫談妖怪昭和歌謡ショー
~歌とドラムのコラボレーション~

●11月20日(土)
●19時半開演
(開場:19時)
●木戸銭
2500円
(ワンドリンク別)
※終演後、ヴァチスト太田さんを囲んでの打ち上げあり
会費3000円
(希望者のみ)

●会場:道楽亭
160-0022
新宿区新宿2丁目14-5 坂上ビル1F
【営業時間:午後6時~午前4時】
TEL03-6457-8366

※都営新宿線『新宿3丁目』駅
C8出口から徒歩2分
丸の内線『同』副都心線『同』
B2出口から徒歩5分
丸の内線『新宿御苑前』駅
1番出口から徒歩5分

ご予約は
http://www.ryus-dourakutei.com
の【予約フォーム】から
または03-6457-8366
担当 佐藤
定員40名
お早めに。
お名前・ご住所・お電話番号・参加人数・打ち上げ参加の有無をお知らせください。
キャンセルの場合、なるべく事前にご連絡ください。

瓶じゃないのに


瓶とはこれ如何に?
しかしデカイ!

今日19日は漫画家でミュージシャン、久住昌之さんのバンドとしては今年最後になりそうなライブです。
久住さんそっくりな坂本Q一さん率いるIMOのライブはまだまだありますが(^_^)
あ、そのIMOも乱入するそうです!
今回は本願寺ライブでもお世話になったダンサー、Mika&Yokoも参加してくれます。
楽しみです!


久住昌之&Q-FORCE
11月19日
18:30分開場 19:00開演
前売3400円 当日3900円
浅草橋ブンガジャン 03-3866-6742
台東区浅草橋1-13-6 浅草橋STビルB1F
http://mobile.bungajan.com/
出演
 倉本美津留
 久住昌之&Q-FORCE ←僕達
 和久井光司バンド

僕にご連絡いただければ、内緒ですが関係者料金で格安で入場いただけます。
僕達の出番は19:50頃からになりそうです。

やってみようかな~!


昨日今日と、今週の土曜日にやるヴァチスト太田ちゃんのライブのリハーサルでした。
ヴァチちゃんはパントマイムも上手いので、先日行ってきた大道芸ワールドカップの話しやパントマイムをやってみたい事など話したら、色々とアドバイスをしてくれました。
うーん、ホントにチャレンジしてみようかなー。
…って事などを話しててリハーサルの時間はどんどん減っていってたのですがf^_^;
ちゃんとバッチリやりますよー、今回も妖怪ヴァチスト太田ワールド!
僕はチンドン型ドラム、チンドラで応戦します。
チンドラといえば、大道芸ワールドカップでも似たようなのを演奏してたアーティストがいました。
そうだ、いつかチンドラの演奏家を集めたチンドラサミットをしてみたいなー!
どうすればいいんだろう…mixiでコミュニティーでも作ろうかなー。笑

っとその前に、お時間があるかた是非見に来てくださーい!
《道楽亭寄席》
ヴァチスト太田(ワハハ本舗)の漫談妖怪昭和歌謡ショー
~歌とドラムのコラボレーション~

●11月20日(土)
●19時半開演
(開場:19時)
●木戸銭
2500円
(ワンドリンク別)
※終演後、ヴァチスト太田さんを囲んでの打ち上げあり
会費3000円
(希望者のみ)

●会場:道楽亭
160-0022
新宿区新宿2丁目14-5 坂上ビル1F
【営業時間:午後6時~午前4時】
TEL03-6457-8366

※都営新宿線『新宿3丁目』駅
C8出口から徒歩2分
丸の内線『同』副都心線『同』
B2出口から徒歩5分
丸の内線『新宿御苑前』駅
1番出口から徒歩5分

ご予約は
http://www.ryus-dourakutei.com
の【予約フォーム】から
または03-6457-8366
担当 佐藤
定員40名
お早めに。
お名前・ご住所・お電話番号・参加人数・打ち上げ参加の有無をお知らせください。
キャンセルの場合、なるべく事前にご連絡ください。

逆じゃねー!?


静岡で美味しそうだから買ってきた「カレーもつ」。
うーん、「カレー味のモツ」ではなく、どう考えても「もつ入りカレー」じゃん!
あ、去年買って死ぬ思いをした殺人カレー、「わさびカレー」を今年も買って来ました。
僕が食べた時、一時間ほど咳き込んで苦しみましたが、試してみたいというツワモノのかた、近々会える予定の友達先着一名様差し上げますのでご一報を。

幼稚園でえほんをよむ



今日は、横浜にある生協なかよし幼稚園で「えほんをよむ」をやってきました。
「えほんをよむ」とは、ラゾーナ川崎プラザソルを中心に活動してる集団?で、絵本をスクリーンに映しながら役者が朗読し、それに生音で効果音や音楽を演奏し、さらに照明や音響や効果などもバッチリ入る作品を上演します。
今回はいわゆる買い取り公演でした。
いやー、素敵な幼稚園でしたねー!
僕も行きたくなっちゃった。
僕の幼稚園の頃の思い出といえば、卒園式で園長先生が「卒園しても、みなさんいつでも遊びに来て下さい!」と言ったのを真に受け、実際に後日園に遊びに行ったら「勝手に入って遊んじゃダメだっ!」と怒られた事くらいです(T_T)
羨ましいなー、ホントにみんな楽しそうでした。
まず先生が楽しそうにしてたしね!
さて、肝心の「えほんをよむ」ですが、作品の途中で園児たちにも一緒に掛け声などで参加をしてもらいました。
うーっ、一生懸命やってくれてカワイイ!
いつもの楽器紹介でも、みんなが興味津々で注目してくれるので、ついついテンションがあがります。
楽しかったー!
終わって食事会のあと園のなかを見学させていただいたのですが、畑で芋掘りをしてたり泥んこになって遊んでたり、ホント帰りたくなくなっちゃいましたね。
みんな元気でねー!

災難

と言ってよいのか、自分が悪いと思いますが、愛車の原付きカブのエンジンが焼き付きました。
オイルをもっとチェックしておけば…(T_T)
慣れてない土地で重い車体を押しながらバイク屋を探してさ迷い、1時間半後に見つかった店は定休日(T_T)
時間切れで放置中です。
災難といえば戸川昌子さんの店、渋谷の「青い部屋」が経営を任されてた店員の家賃持ち逃げで経営難だそうですね。
「青い部屋」は色々と思い出があります。
戸川さんの御子息尚作君と、ピエール・ヴァリューさんの娘さんのMayaちゃんとバンドをやってた時は、リハーサルはもちろんライブも「青い部屋」でした。
リハをしてる隣の部屋でストリップの振り付けをしてたり、なんだか不思議な空間でしたね。
そのバンドは尚作君のお薬関係で空中分解して終わっちゃいましたが。
リハの日、そろそろ行こうとご飯を食べながらワイドショーを見てたら、捕まったニュースをやってました。
何人かの友達から、「オマエは大丈夫か?」と電話が来ました。笑
懐かしい。
その後もWAHAHA本舗のヴァチスト太田ちゃんと何度かライブをしたり、お世話になってる店です。
なんとか持ち直してほしいですね。
バイクも、直らないかなー。

大道芸ワールドカップIN静岡その③



大道芸ワールドカップIN静岡では、色々な芸人(アーティスト)を見ました。
様々なジャンルや規模がありますが、大道芸はお客さんからの投銭で成り立っています。
どのアーティストも30分くらいのショーに見事にパッケージングしてお客さんを楽しませてました。
音楽を演奏する仕事でも、構成や演出はよく考えなければなりません。
凄く刺激になりましたね!
僕の本職は打楽器奏者です。
以前から、パントマイムやタップをするパーカッショニストがいました。
演奏だけするのより、やはり断然面白いですよね!
僕も色々とチャレンジしようと思ってます。
一枚目の写真はフランス人のミシェルと日本人のトモコのデュオのエアリアル、SOLSORAの大道具。
この鉄骨を分解してバンで運べるシステムを自作して全国を回ってます。
荷下ろし、組み立て、分解、積み込みも二人だけでやってます、しかも本番も…。
そんなところにも刺激を受けました。
二枚目で僕と写ってるのは、今回一番面白かったフランスから来たDUO JACQUSE et SERGE(デュオジャック&セルジュ)の片方。
自転車を使ったコミカルアクロバットの二人組。
自転車でトランポリンまでしてました。
ストーリー性もあってせつなくもあり大笑いもあり、ファンになっちゃいました。
YouTubeでも見れます!
この写真は家宝ですねぇ(^O^)
世の中、まだまだ面白い奴らがいますねー。

清水飯



清水港の近くにある、「日の出」という店でランチを食べました。
ランチという言葉が似合わない素敵な佇まいに惹かれて入ったのですが、案の定美味しかったです!
まぐろ刺しと、フライ盛り合わせ(黒はんぺん、イカ、なす)だったのですが、港に近いので刺身はもちろんのこと、なすのフライがジューシーで絶妙でした。
店内には「明治十九年に開業した次郎長の船宿末庵の披露に鉄舟が書いた扇子」が飾られていたりして渋かったです。
でも、写真のように適当に料理を置いていったり、小鉢を選んでください!と言われ納豆を頼んだのに奴が出てきたりして、大雑把で可笑しかったです。
見つけられるかわかりませんが、オススメですよー。

大道芸ワールドカップIN静岡2010その②



大道芸ワールドカップIN静岡は、静岡駅周辺の市街地エリアと、家康ゆかりの駿府公園エリア、そして清水港にあるエスパルスドリームプラザなど約40ポイントにアーティストが散らばってパフォーマンスをします。
今年は連日天気に恵まれて、昼から夜まで多くの人が楽しんでました。
一枚目の写真は長身で踊りまくるSPEC。
静岡は今、ガンダムやホビーでも盛り上がってるので、衣裳もそんな感じでした。
二枚目は3DアクロバットのCRAZY FLIGHT。
ウクライナのパフォーマーでしたが、凄い人だかりでしたねー。
…これ大道芸なのか?笑
そういえば去年来た時、その頃起きた地震により駿府公園の石垣が崩れてました。
今年、その補修工事をしてました。
随分時間がかかってますが、歴史のある城壁なので慎重なんですかね。

かき揚げすぎだろっ!


大道芸ワールドカップIN静岡の時、静岡駅近くの地下街で食べたかき揚げ丼。
…みんなツッコんでました。

大道芸ワールドカップin静岡2010その①



去年に引き続き、大道芸ワールドカップIN静岡に行ってきました。
その名の通り世界中から高度な技を持つ芸人が集まるイベントで、これだけハイレベルな大道芸のイベントはなかなかありません。
かといって敷居が高い訳ではなく、あくまで大道芸的な猥雑さもあって凄く好感が持てます。
まあ、中には大掛かりすぎて大道芸じゃないのでは?ってアーティストもいましたがf^_^;
最初の写真はヘンタイと紙一重の格好をしてパフォーマンスしてるモアザンマイムシアター。マルセルマルソーのお弟子さんだそうです。
二枚目は、世界で唯一11本同時に投げあえるジャグリング兄弟、桔梗ブラザーズ。
凄い投げ銭の量だったなー、羨ましい。
確定申告とか、どうしてるんだろう?笑
横浜在住のご近所さんです。
どのアーティストもそうですが、凄い技をやるだけではなく、いかに凄く見えるようにするか、そこまでの持って行きかたが上手でしたね。

アーシャ(アーティスト写真)


昨夜は久住昌之さんそっくりな坂本Q一率いるテクノポップの四畳半フォーク化がコンセプトのバンドIMO(イチローマリックオーサダハル)のライブでした。
もう、だいなしにするのはテクノだけに留まらない感じのライブでしたがf^_^;
会場はフリージャズのアーティストがよく出演する大泉学園インエフ。
凄く美味しい日本酒が呑める店です。
でも機材車で行くと呑めないし、電車で行くとすぐ終電なので、僕はめったに呑んで帰れましぇ~ん(T_T)
さて、昨日は新調した衣裳のお披露目でした。
どうっすか?
僕たちは、この衣裳で来年武道キャンをめざします。(前座ですが)
すでに今年はツアー(水戸のみ)と凱旋公演(高円寺彦六)も決まってるし、来年1月15日には新宿ロフトの「しりあがり寿presents新春!(有)さるハゲロックフェスティバル'11」への出演も決まってます。
http://www.saruhage.com/sarufes/
こうなれば年末は、紅白歌合戦の野外中継で後ろでなんとか映り込んでやろうかな!
ゆくとしくるとしを中継するお寺の鐘の近くでゲリラライブをしてやろうかな!
よーし、オノヨーコに「ジョンレノンスーパーライブに出させろ!」と手紙を書いてやろう。
あ、プロモビデオを作ろうという話しは、ホントにしてます(^_^)

一応見ておきました。



先程静岡から帰りました。
一応ガンダムは見ておきました。
お台場では見れなかったので、やはりオーッ!て思いましたね。
警察官募集のポスターは、エーッ?って思いましたね。笑
肝心の大道芸ワールドカップの事も色々書きたいのですが、その前に8日、今夜はライブです!
久住昌之さんそっくりな坂本Q一率いるテクノをフォークアレンジして演奏するバンドIMO(イチローマリックオーサダハル)
11月8日
大泉学園in-F
03-3925-6967
練馬区東大泉3-4-19津田ビル3F
20:00~
http://homepage2.nifty.com/in-f/
衣裳のお披露目ですよー(^O^)

内緒にしたかったけど…


実は先週から、静岡の大道芸ワールドカップに来てます。
しっかりネタをパクリに…勉強してました。
その事も書きたいのですが、その前に明日9日、先日衣装を買い揃えたバンドのライブがあります。
ああ、どんな衣装なのか内緒にしときたかったけど…見せたい誘惑に負けました。
これ着てライブするのは初めてです。
是非着て…来てくださーい!

久住昌之さんそっくりな坂本Q一率いるテクノをフォークアレンジして演奏するバンドIMO(イチローマリックオーサダハル)
11月8日
大泉学園in-F
03-3925-6967
練馬区東大泉3-4-19津田ビル3F
20:00~
http://homepage2.nifty.com/in-f/

麺とヘルメットの関係


横浜某所で見つけたラーメン屋。
ドラえもんにちょっと面食らってよく見ると、その後ろには幾つものヘルメットを使ったオブジェが…。
これはもしや、出前で使ってるのか?
日替わり、場所替わり、気分でこのメットをかぶってカブでブーンって。
ちょっと見てみたい。

プチトマトに対抗して、


品種改良してプチナスを作ってみました。
作りかたは、大きくなる前に収穫します。
…うそ、春に植えて夏に収穫して、もうダメかと思ったらこれくらいのがいくつか出来ました!
もう、これ以上大きくならないんですよねー。
相変わらず近所のストーカー、猫のサンちゃんに覗かれてます。笑

隣の席は隣町


ちょっと見にくいですが、地図を見ると日産スタジアムの真ん中を町の境界線が横切ってます。
上半分が小机町、下半分が鳥山町。
って事は、サッカーでパスした相手が隣町だったり、座った席の隣の席が隣町だったり、もしかしたら個室トイレの便器とトイレットペーパーとが違う町にあったりするかもしれませんね。
さすがトヨタカップをやる日産スタジアム!

歌稽古と録音


「黒と白のピエタ」の歌稽古が始まりました!
僕はカクテルドラムだけの演奏になりそうです。
芝居の稽古中、歌のシーンになるごとに説明をしながら役者に歌ってもらいます。
僕も初めて全貌がわかりました。
曲によっては歌が4パートに別れます。
おー、役者のうたう歌は、良い意味で無骨というか、言葉的というか、味があっていいですねー。
まだまだ始めなので上手くは行ってないのですが、四声を同時に聞くとグッときますね。
さてさて、その曲を役者さんに覚えてもらう用のデモテイクを録音したのですが、それが結構大変でした。
僕は例によってエンジニアでパソコンをいじってるだけですが、作曲者の安達元彦さんは一曲につき4パート分のピアノを弾いて歌うので、全曲録音し終わる頃にはヘトヘトになってました。
でも、きっと見応えのある芝居になりそうです(^_^)

京浜協同劇団第81回公演「黒と白のピエタ~種子を粉にひいてはならない~」
作 和田庸子 演出 杉本孝司
11日26日 14時~ 19時~
   27日 14時~ 19時~
   28日 14時~
12月3日 14時~ 19時~
   4日 14時~ 19時~
   5日 14時~
前売り   一般2800円
   70歳以上2000円
   18歳以下1500円
(当日は各500円増)
スペース京浜(京浜協同劇団アトリエ)
川崎市幸区古市場2-109
044-511-4951
JR鹿島田駅改札を出て左へ徒歩15分

一番先っぽを見てみたい。

新幹線の車内販売のアナウンスで、「時代の先端を行く雑誌○○を販売しています」と言っていました。
うーん、アナウンスのオネーチャンの読んだ感想なんだろうか?
だとしたら、随分と個人的なアナウンスですよねぇ。
それとも、JRが決めた台詞なのだろうか。
日本の流通の主役とも言えるJRが「先端を行く!」と断言するんだから、きっと先端なんだろうなー。
読んで勉強しようかなー。
それとも、雑誌社の広報部が決めた文句なのだろうか。
だとしたら、凄い自信ですね。
っていうか言ったもん勝ちですよねぇ。
そういえば昔、あるメーカーの洗濯機のキャッチコピーで「最先ターン」というのがあった気がします。
せっかく先っぽに行っても、戻って来ちゃダメですよねー。

ビヨヨヨ~ン

一昨日の強風に引き続き、横浜では昨夜はカミナリが凄かったです。
ドーンと言う音と共に、なぜかリバーブのようなビヨヨヨ~ンという音が鳴ってました。
何故だろう…。
深夜だったので諦めましたが、雷見物をしたかったなー。
いつか天井が透けてる家に住み、雷見物をしながら呑む!という夢を叶えたいなー。
そういえば雪が降り積もった時に雷の音が、雪に吸われてパリパリッとしていたことがありました。
もし海上で雷の音を聞いたら、果たしてどんな音がするんだろう。
それにしても、近所の仲良しネコのサンちゃんとまだ会ってないので心配だなー。

FC2Ad