栗木健BLOG

ドラマー、パーカッショニスト、劇伴音楽製作の栗木健のブログです。

外郎




昨日、名古屋からの帰りに小田原で途中下車して、オカンのお使いで「ういろう」を買いに行きました。
江戸時代からの歴史がある、仁丹みたいなクスリです。
ちなみに菓子の「ういろう」は、クスリの「ういろう」を買いに来てくれたお客さんにサービスであげてたのがはじまりだそうな。
さて、「ういろう」を調べたら駅から15分くらい歩いた所にある本店でしか売ってなく、もちろん通販などやってなく、専門の店員さんと対面でないと買えないそうです。
しかも原材料が入手しにくくなり、症状が合わないと販売出来ない場合があるそうな。
さんざん情報に脅されて、どんな症状を言って売ってもらおうか、最後は名古屋から買いに来たと泣きつこうかとビビりながらいざ本店に。
一見怖そうなお爺さん、でも優しく接してくれてすぐ売ってくれました。
よかったー、オカン、買えたぞー!
せっかくなので、裏の蔵を改装した資料館も見させてもらいました。
わざわざ案内のかたが付いてくださり、色々と興味深い説明をしてくれました。
ういろうは漢字だと外郎と書きますが、元々創業者の名前だそうで、今の社長の名字も外郎だそうな。
遡っていくと京都で創業したそうで、京都時代に「ういろう」店が作った山車が今でも京都にあるそうな。
その山車の屋根の上には蟷螂のカラクリ人形が乗っていて、動くそうな。
蟷螂の由来は、外郎さんは元々中国から航ってきた家系だそうで、中国では蟷螂は実力以上の派手な動きをするので縁起が良いそうです。
そういえば店の真ん中にも蟷螂が鎮座してました(^^)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kurikiken.blog104.fc2.com/tb.php/3006-067b5329
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad